東京湾奥ウェーディング&お手軽DIYメインの備忘録的ブログ
| Login |
2014-05-21 (水) | 編集 |
今回のDIY『折り畳み式エイスティック』のアイデアは、浦安のDIY師匠Sさん(勝手に師匠と呼ばせて頂いてます)から全て教わったワザです(*^^*)!!
※本当にありがとうございましたm(__)m

まずはホームセンターの工作室にて。。。



アルミパイプ自体は、スティック本体となる部分の12Фと、本体パイプの繋ぎになる部分の内径に合わせた1サイズ小さめの2種類を使用します。

工作室にあるパイプカッターを借りまして。。。

20140521201032ad0.jpg

スティック本体用は30cm、繋ぎ用は10cmサイズにカットしていきます。。。

20140521201032604.jpg

いわゆる回し切りってやつですね!
※このパイプカッターは使い方に少しコツがいります(少しずつ締め込みながら切っていく)

カットした本体用パイプは、内側にできたバリもしっかり取ります。
(これをしないと継ぎ用パイプが入りません。。。)

20140521201032659.jpg

こんな感じで材料の準備(本体スティック用30cm×4本、繋ぎ用10cm×3、予備を含め)が出来上がり。。。

201405212010323da.jpg

工作室での作業はここまで♪


あとは自宅でのDIYです(*^▽^*)▼

ちなみに、グリップ部分は、ナチュラル感を出したかったのでウッドスタイルに。。。
(スポンジタイプのグリップもありましたが。。。)

20140521201253a3f.jpg

ウッドテーブル等の脚として売っていた既製品をそのまま使用。

このグリップに本体用パイプを差し込んで、接着剤でくっつけます。

20140521201253a30.jpg

そして、アルミパイプの繋ぎ部分も接着剤でくっつけます。
(5cmを出して接着)

20140521201253123.jpg

この部分が、オスメスの繋ぎ部分になるわけですね。
(完全に丸1日かけてしっかり乾かしてください!)

あと、折り畳み式として必要なのがコレ。。。

20140521201032965.jpg

ショックコード。。。テントの骨組パイプのなかに入っている伸びるロープです!

そして、先端部の固定用のぶらくりオモリ。。。

20140522135528af8.jpg

ぶらくりオモリは、内径に合わせてこのように削り込んでいきます。
(後で理由は明らかに。。。)

20140521201534699.jpg

このぶらくりオモリのアイの部分にショックコードを結びつけ。。。

パイプ全て(4本)にショックコードを通していきます。。。

20140521201534384.jpg

201405212015345ef.jpg

ショックコードにテンションが掛かると先端(ぶらくりオモリ)はこんな感じにスッポリと。。。

20140521201534454.jpg

逆側のグリップエンドは、グリップ外径と同サイズのステンレスワッシャーを1枚入れてから、#4のスナップにテンションコードを結び固定するとこんな感じに。。。
(スナップに固定するときのショックコードのテンションは様子をみながら調整)

2014052120162682a.jpg

以上、完成で~す♪

すべてのピース(グリップ部分を含めた4本)を繋ぎ合わせるとこんな感じ。。。

201405212012533bb.jpg

ピースを外して折り畳むとこんな感じ。。。

201405212012532f9.jpg

ビミョーにグリップ部分だけが短くなったのは繋ぎ部分の5cm分が計算に入っていなかった為(^▽^;)

まぁご愛嬌ということで。。。♪

ちなみに、以前DIYしたRYOBIロッドのエイスティックと比較すると。。。

20140521201253081.jpg

こんなに雰囲気違います(*^。^*)!!

前回釣行でもかなりディープに浸かろうとすると波で手が浸かってしまったので、今後の冬場のことも考え、もう少しだけ長めの設計にしました。
(30cm×4本ピースで120cmの長さ)

一番肝心な使用感ですが、こちらは参考までにYouTube動画にて▼▼▼



いかがでしょうか~(^。^;)?

ちょっと、ガシャガシャ言い過ぎかな?
→浦安S師匠、さらなるご指導宜しくお願い致します!

ちなみに、材料費はすでに持っていたショックコードやぶらくりオモリを除く、アルミパイプ、ウッドグリップ等でジャスト1,000円(税込)。

満足度。。。プライスレスヽ(^。^)ノ

う~む、次回の干潟釣行が待ち遠しい♪
釣りしないで、ひたすら歩いてるかも。。。(^▽^;)


★ブログランキング参加中につき。。。
↓1ポチッよろしくお願いしま~す
にほんブログ村 シーバスフィッシングへ
シーバス情報・人気ランキング

にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村

爆釣速報DUELブログモニターへ
ブログモニターやってます!









スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
良い出来ですね!
水の抵抗と強度を考えると難しいところなんですが、私のはもうちょっと径を細く、あとは最近ディープに浸かる事が多いので、もう1本分ほど長くしたいなと思ってます。
DIYなら自分好みに出来るのが良いですよね。

余談ですが、葛西ホームズのOK近くにあるアルミ材売り場だけ、この辺りのホームセンターと比べると半額以下なので、私も良く使います(他店のアルミだと秋葉原ラジオデパート2Fのエスエス無線さんがとても安いです)。
自分で加工出来る工作室では、コーナン市川原木店も悪くないんですが、工具の種類はホームズのが多いです。
2014/05/25(Sun) 01:02 | URL  | 凄腕じゃない浦安のS #GCA3nAmE[ 編集]
Re: 浦安S師匠へ
アドバイスありがとうございます♪
水の抵抗ですね~、確かに細い方が良かったですかね(^。^;)
次回の干潟釣行時に確かめたいと思います(*^^*)
アルミ部材はずいぶん価格が違うんですね~。
ワタシは西葛西の島忠ホームに行くんです。
嫁さんがヨーカドー等で買い物している間にDIYしてる訳です(^。^;)
またいろいろ教えて下さいね~♪
宜しくお願い致します。
2014/05/25(Sun) 20:56 | URL  | ごんずい博士 #L8AeYI2M[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

fimo fisherman's mountain

----- FC2カウンター -----


 
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
全国シーバス最新釣果情報


GyoNetBlog ランキングバナー

WEB 魚図鑑 ~ わからない魚の検索もココ

モチカエルぴょん